山形県 鮭川村の郵便局、ゆうちょ銀行一覧

山形県 鮭川村には、2 件の郵便局があります。
※ 郵便局名をクリックすると詳細が表示されます。
郵便窓口 郵便窓口
ゆうゆう窓口 ゆうゆう窓口
貯金窓口 貯金窓口
ATM ATM
保険窓口 保険窓口
郵便局名 住所 サービス
キョウヅカユウビンキョク 京塚郵便局 山形県最上郡鮭川村京塚1108-2 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
サケカワユウビンキョク 鮭川郵便局 山形県最上郡鮭川村佐渡832-2 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口

「鮭川村」について

山形県最上郡鮭川村曲川にある小杉の大杉
山形県最上郡鮭川村曲川にある小杉の大杉
  • 鮭川村(さけがわむら)は、山形県の北部にある人口約4千人の村。

地理

  • 村内西部は出羽山地となっている。また、鮭川が村の中心部を南北に貫いている。
  • 山:大芦沢山(309m)、道ヶ峰山(276m)/河川:鮭川/湖沼:

人口

歴史

  • 鮭川村の語源は村内を流れる鮭川だが、村内には「鮭石」などの史跡や、郷土料理である「鮭の新切り(ようのじんぎり)」など、鮭にまつわる話題が多い。郷土史家の大友儀助によると、鮭川村には太古の自然崇拝の一種である鮭・鱒を「天の恵み」として感謝する習俗が見られるという。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、川口村、向居村、佐渡村、中渡村の区域をもって発足。
  • 1947年(昭和22年)8月 - 8月1日から降り続いた集中豪雨により河川が氾濫。水田80町歩が冠水するなどの被害。
  • 1954年(昭和29年)12月1日 - 豊田村・豊里村と合併し、改めて鮭川村が発足。

行政

  • 村長:元木洋介(2006年4月 - )

経済

  • 主要産業は農業と羽根沢温泉への観光であり、特に、なめこ栽培が盛ん。