大阪府 高槻市の郵便局、ゆうちょ銀行一覧

大阪府 高槻市には、38 件の郵便局があります。
※ 郵便局名をクリックすると詳細が表示されます。
郵便窓口:郵便窓口
ゆうゆう窓口:ゆうゆう窓口
貯金窓口:貯金窓口
ATM:ATM
保険窓口:保険窓口
郵便局名住所サービス
高槻三箇牧郵便局 高槻市三島江2-7-6 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻上牧駅前郵便局 高槻市上牧南駅前町4-6 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻郵便局 高槻市中川町1-1 郵便窓口ゆうゆう窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻城内郵便局 高槻市八幡町10-2 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻北郵便局 高槻市別所新町4-1 郵便窓口ゆうゆう窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻南平台郵便局 高槻市南平台5-22-10 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻富田西郵便局 高槻市南総持寺町7-3 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻唐崎西郵便局 高槻市唐崎西1-25-3 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻城北郵便局 高槻市城北町1-8-17 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻塚原郵便局 高槻市塚原4-1-17 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻大蔵司郵便局 高槻市大蔵司2-52-3 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻天王郵便局 高槻市天王町6-2 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻天神郵便局 高槻市奥天神町1-19-11 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻宮田郵便局 高槻市宮田町1-25-13 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻富田丘郵便局 高槻市富田丘町28-5 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻富田郵便局 高槻市富田町3-2-24 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻芝谷郵便局 高槻市寺谷町19-8 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻寿郵便局 高槻市寿町1-6-11 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻川添郵便局 高槻市川添2-16-13 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻川西郵便局 高槻市川西町2-30-10 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻日吉台郵便局 高槻市日吉台五番町9-5 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻安岡寺郵便局 高槻市松が丘1-10-19 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻松が丘郵便局 高槻市松が丘4-7-10 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻柱本郵便局 高槻市柱本新町6-1 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻氷室郵便局 高槻市氷室町1-24-8 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻津之江郵便局 高槻市津之江町2-1-21 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻深沢郵便局 高槻市深沢町1-25-9 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻牧田郵便局 高槻市牧田町7-56-4 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
樫田簡易郵便局 高槻市田能スハノ下20 郵便窓口貯金窓口保険窓口
高槻下田部郵便局 高槻市登町16-1 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻真上郵便局 高槻市真上町2-4-26 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻竹の内郵便局 高槻市竹の内町28-8 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻駅前郵便局/
ゆうちょ銀行 高槻店
高槻市紺屋町5-15 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻芝生郵便局 高槻市芝生町2-1-3 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻芥川郵便局 高槻市芥川町2-11-5 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻若松郵便局 高槻市若松町29-14 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻藤の里郵便局 高槻市藤の里町10-6 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
高槻野田郵便局 高槻市野田3-11-23 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口

高槻市とは

  • 高槻市(たかつきし)は、日本の大阪府三島地域に位置する市。
  • 東大阪市、豊中市、枚方市とともに中核市に指定されている。
  • 「水とみどりの生活文化都市」がキャッチフレーズ。
  • 本項では発足時の名称である高槻村(たかつきむら)、市制前の名称である高槻町(たかつきちょう)についても述べる。
  • 政令指定都市である大阪市と京都市とのちょうど中間に位置し、北摂のベッドタウンとして発展している。
  • 市章も、京都市と大阪市の市章を融合させたデザインとなっている。
  • また、市章は街区表示板にも描かれている。
  • 地名の由来 高槻の地名の由来は、2つの説がある。
  • 『古事記』や『日本書紀』にある神武東征の時に、大和で長髄彦一族に苦しめられた。
  • そこで道臣命と可美真手命を東征軍の長に任じ、征伐に成功したことから天皇は三島の土地を与えた。
  • その軍隊の旗印が月をかたどっていたので、褒美に貰った土地を高月と呼ぶようになったという説。
  • 安満庄にあった天月弓杜(あめのつきゆみのやしろ)が高月読杜(たかのつきよみのやしろ)とも呼ばれ、そこからその一帯は高月と呼ばれたという説。