岡山県 浅口市の郵便局、ゆうちょ銀行一覧

岡山県 浅口市には、6 件の郵便局があります。
※ 郵便局名をクリックすると詳細が表示されます。
郵便窓口 郵便窓口
ゆうゆう窓口 ゆうゆう窓口
貯金窓口 貯金窓口
ATM ATM
保険窓口 保険窓口
郵便局名 住所 サービス
ヨリシマユウビンキョク 寄島郵便局 岡山県浅口市寄島町7536-1 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
コンコウシモタケカンイユウビンキョク 金光下竹簡易郵便局 岡山県浅口市金光町下竹224 郵便窓口貯金窓口保険窓口
コンコウミヤグロユウビンキョク 金光宮黒郵便局 岡山県浅口市金光町占見新田759-3 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
コンコウユウビンキョク 金光郵便局 岡山県浅口市金光町大谷452-3 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
カモガタユウビンキョク 鴨方郵便局 岡山県浅口市鴨方町六条院中3283 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
カモガタマチヤユウビンキョク かもがた町家郵便局 岡山県浅口市鴨方町鴨方224-1 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口

「浅口市」について

金光教本部広前会堂
金光教本部広前会堂
  • 浅口市(あさくちし)は、岡山県の南西部に位置する市。

概要

  • 2006年(平成18年)3月21日に浅口郡鴨方町・金光町・寄島町の3町が合併(新設合併)して発足した。倉敷市と笠岡市に挟まれており、岡山県第2の都市である倉敷市と広島県第2の都市である福山市のベッドタウンとなっている。
  • 市の特色として、岡山県内の市としては面積は最小であるものの、製麺・酒造・植木・制帽・ストロー生産をはじめ古い歴史を持った伝統産業・地場産業を多く抱え、中小企業が多く存在することが挙げられる。また、金光教の発祥地・本拠地としても有名であり、正月や祭事の際は金光教本部周辺は多くの参拝客で賑わう。さらに、温暖で比較的安定した気候であり、天体観測に適した地域であることから、1960年(昭和35年)から岡山天体物理観測所が設置されている。現在、2011年(平成23年)の完成を目指して京都大学、名古屋大学などが共同で国内最大となる直径3.8メートルの望遠鏡を観測所の敷地内に建設している。
  • 「浅口市」の公式な読み方は「あさくちし」であるが、住民の間では「あさくち」とも「あさぐち」とも呼ばれ、合併協議において市の名称を公募した際には、「あさくちし」「あさぐちし」のいずれにも応募が寄せられていた。

地理

地勢

  • 北部に霊峰・遙照山、竹林寺山、北西部に阿部山、中部に竜王山が存在する。南部は瀬戸内海に面しており、水島工業地帯に約10km、福山工業地帯にも約20kmと近く、両地域への通勤者もかなり多い。