岡山県 勝央町の郵便局、ゆうちょ銀行一覧

岡山県 勝央町には、5 件の郵便局があります。
※ 郵便局名をクリックすると詳細が表示されます。
郵便窓口 郵便窓口
ゆうゆう窓口 ゆうゆう窓口
貯金窓口 貯金窓口
ATM ATM
保険窓口 保険窓口
郵便局名 住所 サービス
ショウオウユウビンキョク 勝央郵便局 岡山県勝田郡勝央町岡42-11 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
ウエツキユウビンキョク 植月郵便局 岡山県勝田郡勝央町植月中2852-1 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
イシュウユウビンキョク 石生郵便局 岡山県勝田郡勝央町石生657-13 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口
トヨクダカンイユウビンキョク 豊久田簡易郵便局 岡山県勝田郡勝央町豊久田411-6 郵便窓口貯金窓口保険窓口
クロサカカンイユウビンキョク 黒坂簡易郵便局 岡山県勝田郡勝央町黒坂326 郵便窓口貯金窓口保険窓口

「勝央町」について

植月寺山古墳 墳丘
植月寺山古墳 墳丘
  • 勝央町(しょうおうちょう)は、岡山県の北東部に位置し、坂田金時終焉の地として知られる町。町名は勝田郡の中心を自負して命名された。

地理

  • 中国山地の南部に位置し丘陵と山林が大半を占める。町の中心にあたる勝間田はかつて出雲往来の美作7駅の1つとして繁栄した。
  • 河川: 滝川

隣接している自治体

  • 津山市、美作市、勝田郡奈義町、久米郡美咲町

歴史

  • 1954年(昭和29年)3月、勝間田町・植月村 ・高取村・古吉野村の1町3村および吉野村の一部が合併し勝央町が誕生。
  • 1955年(昭和30年)6月1日、旧高取村の内、池ヶ原・堂尾地区を津山市に編入。
  • 津山市や他の勝田郡や英田郡の自治体との合併を協議したが、当面、単独での存続を決めている。
  • ※2006年10月、町内黒土(くろつち)の大河内遺跡で西日本では類例の少ない神子柴型石斧を含む石器類が出土した。これにより、縄文時代草創期からこの土地に人が住んでいたことが明らかになった。
  • また、勝央町は菅原姓つまり、菅家七流派である野上、植月、有元、原田などがいる。