岡山県 西粟倉村の郵便局、ゆうちょ銀行一覧

岡山県 西粟倉村には、1 件の郵便局があります。
※ 郵便局名をクリックすると詳細が表示されます。
郵便窓口 郵便窓口
ゆうゆう窓口 ゆうゆう窓口
貯金窓口 貯金窓口
ATM ATM
保険窓口 保険窓口
郵便局名 住所 サービス
カゲイシユウビンキョク 影石郵便局 岡山県英田郡西粟倉村影石35-10 郵便窓口貯金窓口ATM保険窓口

「西粟倉村」について

あわくら温泉元湯(2004年当時、2011年休業前の建物)
あわくら温泉元湯(2004年当時、2011年休業前の建物)
  • 西粟倉村(にしあわくらそん)は、岡山県の最北東端に位置し兵庫県・鳥取県と県境を接する村で、面積の約95%が山林、その内の約85%を杉や檜などの人工林が占める。豪雪地帯でもある。

地理

  • 山:駒の尾山(1281m)、ダルガ峰(1207m)、長義山(1105m)、黒岩山(1006m)/河川:吉野川

隣接している自治体

  • 岡山県美作市/兵庫県宍粟市/鳥取県八頭郡智頭町および若桜町

沿革

  • 1889年6月1日 - 町村制施行に伴い、筏津村、大茅村、影石村、坂根村、知社村、長尾村が合併し、吉野郡西粟倉村となる。
  • 1900年4月1日 - 吉野郡が英田郡と合併し、英田郡となる。

行政

  • 2013年(平成25年)内閣府から環境モデル都市に選定/2014年(平成26年)農林水産省からバイオマス産業都市に選定/2019年(平成31年)総務省からふるさとづくり大賞優秀賞受賞/2019年(令和元年)内閣府からSDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業に選定村長:青木秀樹(2011年9月10日就任)

経済

  • 主な産業は林業。移住者や村民により木材など山の恵みを活用した約20社の企業が相次ぎ設立され、2010年代には「起業家の村」として知られるようになった。森林再生支援などを手掛ける企業トビムシ(東京)などの出資により2009年に設立された企業「西粟倉森の学校」が、間伐材の木製品への加工などを展開。これに触発されて、家具の製造、ゲストハウス運営、ウナギ養殖などの事業が立ち上がり、起業家養成講座も開かれている。
  • あわくら温泉など観光資源もあり、国民宿舎への宿泊もできる。

地域

人口

教育

  • 西粟倉村立西粟倉幼稚園/西粟倉村立西粟倉小学校/西粟倉村立西粟倉中学校/高等学校は村内に無い。