福島県

福島県には、全58市町村に郵便局があります。


「福島県」について

  • 福島県(ふくしまけん、英: Fukushima Prefecture)は、日本の東北地方に位置する広域地方公共団体(都道府県)のひとつ。県庁所在地は福島市。

概要

  • 面積は北海道、岩手県に次ぐ全国3位、都道府県別の人口は全国21位、人口密度は全国40位である(いずれも2015年10月1日時点の国勢調査および全国都道府県市区町村別面積調による)。
  • 市町村別では概ね、日本海側に面積の4割弱と人口の15%弱が、太平洋側に面積の6割強と人口の85%以上が分布する。
  • 県内は南北方向に延びる山脈・山地によって、地形・気候・交通・歴史などの面に違いが顕れており、3地域に分けられている。すなわちそれらは、越後山脈と奥羽山脈とに挟まれた日本海側内陸にあって4割弱の面積に14%あまりの人口を擁する「会津」、奥羽山脈と阿武隈高地とに挟まれた太平洋側内陸にあって4割弱の面積に6割強の人口を擁する「中通り」、阿武隈高地と太平洋とに挟まれた太平洋側沿岸にあって2割強の面積に1/4あまりの人口を擁する「浜通り」。
  • これら3地域の地域差が顕著に見られる例を挙げると、近年の「降雪の深さの合計」(冬季の累積降雪量)があり、会津の会津若松市は300 - 400cm程度、中通りの福島市は100cm前後、浜通りのいわき市小名浜は10cmに満たない年が多く、冬季の生活習慣に顕著な影響を与えている。県の広域行政単位は上記3地域をさらに細分している一方、県名以外にも多用される「うつくしま」とのキャッチコピーが県内各地で用いられ、統合のイメージも創られている。
  • 現在の福島県には幕末に、親藩かつ雄藩だった会津藩(23万石)があったが、他は親藩・譜代・外様の10万石に満たない多数の藩に分かれていた。廃藩置県後の紆余曲折の後、1876年(明治9年)8月21日に会津の前身にあたる若松県、中通りの前身にあたる福島県(1876年以前)、浜通りの前身にあたる磐前県の、計3県の合併によって当県が成立した。