岡山県

岡山県には、全25市町村に郵便局があります。


「岡山県」について

  • 岡山県(おかやまけん、英: Okayama Prefecture)は、日本の中国地方に位置する広域地方公共団体(都道府県)のひとつ。県庁所在地および最大の都市は岡山市。
  • 中国地方南東部に位置し、瀬戸内海に面する。

概要

  • 瀬戸内の気候と地勢を背景に古代より独自の文化圏としての歴史を有し、現代でも中国・四国地方の交通網の要衝として発展を続けている。県庁所在地の岡山市は2009年(平成21年)4月1日、全国で18番目の政令指定都市に移行した。
  • 古代、沿岸域から内陸地域にかけては「吉備国」として、現在の広島県東部に位置する備後地方や香川県島嶼部などと併せて大和朝廷に並ぶほどの勢力を持っていた。江戸時代初期には岡山に池田氏、津山に森氏が外様大名として入封し、城下町を形成した。特に池田綱政は日本三名園の後楽園を造成し、閑谷学校を開くなど、文化・教育面に多大な功績を残した。笠岡、井原は徳川家康の従兄弟で有力譜代大名の水野勝成氏の領地となり新田開発及び灌漑事業、産業育成により地勢が大きく変貌した。倉敷には寛永19年(1642年)に代官所が置かれ、江戸幕府直轄の物資集積地として船舶輸送中継も担う天領として発展した。